路線バスのラッピング

路線バスのラッピングは、現在様々な地域の新しい宣伝媒体として注目されております。
それぞれの地域に密着した移動サービスとして展開している路線バスですが、それぞれの地域から商業施設エリアとして各駅や市街地へのアクセスがメインとなっているので私たちの生活に自然に溶け込んでいるイメージとなる訳です。

路線バスのラッピングについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

そんないろいろな地域で活躍している路線バスを広告塔としてラッピングすることで、各企業の絶大なメディア媒体としての役割りを担っているのです。


そもそも路線バスの車体自体を広告媒体とする利用方法は数年前から世界中で取り入れられておりましたが、今までは車体に直接吹きつけ塗装を行なう低温焼付けの手法が一般的であったのです。
前述した内容だと奥行きのあるデザインで人々の目に留まりやすいのではありますが、費用がかかりすぎてしまうのでなかなか頻繁に広告媒体を交換することは出来ませんでした。


日本では1990年代頃から特殊なラッピングフィルムを使うことによって、路線バスの車体に広告媒体を貼る作業が飛躍的に向上しました。



この為に短期間でラッピングのメッセージを作り変えて、様々なデザインを車体に貼って実用化することに成功したのです。
また国土交通省などである程度の規制対象となっていた公共交通機関へのデザイン表現が和らいだことから、全国的に普及するようになっていったのです。



これによって企業側が気軽で且つ安価なコストパフォーマンスに優れる内容で、公共交通機関へのラッピング受注が頻繁に行なわれるようになったのです。